業界格安値!最短日数で深夜営業許可の取得をさせていただきます。

深夜営業許可80,000円(税抜)

スナック・バー・ガールズバーのような深夜(午前0時以降)もお酒を提供する営業をする場合は深夜酒類提供飲食店営業届出を行う必要があります
スナックやガールズバーでも接待をする場合は風俗営業許可を取得しなければなりません。

深夜酒類提供飲食店営業届出のことを業界では深夜営業許可と呼ばれたりもします。

接待をするとは
法律的用語で接待をするとは「歓楽的雰囲気を醸し出す方法で客をもてなす営業」とされています。しかし、曖昧な表現なので具体的な表現で説明させて頂きます。

①お客さんと社交辞令以外の談笑をする
②特定のお客さんの為に歌やダンスやショー等を披露する
③お客さんとデュエットをする
④お客さんにカラオケをリクエストする
⑤お客さんとゲームを一緒にする
⑥お客さんを店舗の外まで見送りをする

👉接待行為の詳しくはこちら

申請のための要件

❑場所的要件
営業所の場所の用途地域が商業地域、近隣商業地域、工業地域であること。

❑構造的要件
営業所の内装が風営法に適合する構造となっていること。

具体的には、客室の見通しを妨げるような構造になっていてはいけません。不用意に壁や高さ1m以上のつい立等を作るとこの要件に掛かってしまう可能性があります。
客室1室の広さが9.5㎡以上でなければいけません。ただし、客室が1室しかない場合は9.5㎡以下でも大丈夫です。個室やVIPルームを作る場合はこの9.5㎡以上となります。

申請のための必要書類

必要書類は個人申請か法人申請かで異なります。非常に多くの必要書類があるので下記からご確認ください。
👉必要書類の一覧はこちら

許可申請のながれ

①まずはお問い合わせください
②店舗または指定場所で打ち合わせ
③ご契約
④場所的要件の調査
⑤店舗の測量
⑥CADで平面図、求積図、証明音響設備図を作成
⑦申請書(届出書)作成
⑦警察署にて事前交渉
⑧警察署に申請
⑨申請から10日後に開業OK
*保健所許可がまだとれていない場合はご契約後、最短で取得させていただきます。
👉保健所許可はこちら

まる投げでOK

面倒な手続き、申請書作成、図面作成、申請書提出まで全てまる投げしていただければ大丈夫です。最短日数で確実に許可取得させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。0120-047-034 クリック受付時間10:00-朝4:00 [ 土・日・祝日OK ]
出れなかった場合は
080-5886-0081からかけ直します。
風営法許可スピード申請センター