深夜酒類提供飲食店営業には下記の書類が必要となります。
(深夜営業許可)
①深夜酒類提供飲食店営業届出書(警察署で配布)
②深夜酒類提供飲食店営業の方法(警察署で配布)
③営業所平面図(CAD作成)
④営業所面積求積図(CAD作成)
⑤客室面積求積図(CAD作成)
⑥音響・照明設備配置図(CAD作成)
⑦建物案内図(CAD作成)
⑧周辺地図
⑨用途地域の公的図
⑩飲食店営業許可の写し(保健所許可証)
⑪店舗の賃貸借契約書
⑫店舗賃貸者の使用承諾書(東京・埼玉のみ)
⑬申請者の住民票(本籍地記載)
⑭メニューの写し

*法人の場合は別途下記も必要
⑮会社の履歴事項全部証明書(法務局にて発行)
⑯定款の写し
⑰役員全員の住民票(本籍地記載)

◆書類関連は行政書士がスピード作成させていただきます。
◆お急ぎの場合は2日で申請可能!

ガールズバー・スナック・カラオケパブ・ダイニングバーが深夜営業するには深夜酒類提供飲食店営業届出(深夜営業許可)を取得しなければいけません。
ガールズバーやスナックでも接待行為がある場合は風俗営業許可(風営法許可)が必要となります。

お気軽にお問い合わせください。0120-047-034 クリック受付時間10:00-朝4:00 [ 土・日・祝日OK ]
出れなかった場合は
080-5886-0081からかけ直します。
風営法許可スピード申請センター