風俗営業許可.深夜酒類提供飲食店営業.特定遊興飲食店営業などキャバクラ、ホストクラブ、スナック、ガールズバー・クラブなどに適用される罰則の一覧です。

 

2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又はこれの併科

  • 風俗営業・特定遊興飲食店営業の無許可営業
  • 名義貸し
  • 営業停止処分を違反し営業
  • 不正手段での許可取得

上記プラス営業許可取消し処分となります。

 

1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又はこれの併科

  • 営業所の構造、設備を事前に承認を受けず変更
  • 18歳未満者に接待行為をさせた
  • 午後10時以降に18歳未満者を接客させた
  • 風俗営業所に18歳未満者を入店させた
  • 20歳未満者に酒類・たばこ提供をした
  • 深夜酒類提供飲食店営業を禁止場所で営業した

上記プラス営業許可取消し処分となります。

 

6ヶ月以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又はこれの併科

  • 客引き行為をした
  • 客の前に立ちふさがる等の迷惑行為
  • デリヘルを無届け営業

 

100万円以下の罰金

  • 従業員名簿を備え付けなかった
  • 従業員名簿に必要な記載なし
  • 従業員名簿に虚偽記載をした
  • 従業員の生年月日及び国籍を確認しなかった
  • 従業員の生年月日及び国籍資料を保存していない
  • 警察の資料、報告提出の求めにしない、虚偽報告をした
  • 警察の立入りを妨害した

 

50万円以下の罰金

  • 管理者を選任していない
  • デリヘル営業で変更事項を無届け
  • 深夜酒類提供飲食店営業の無届け営業
  • 許可申請書や添付書類の虚偽提出

 

30万円以下の罰金

  • 許可証原本を営業所の見やすい場所に掲示していない
  • 変更届けをしていない

 

上記プラス営業停止処分があります

キャバクラ等の風俗営業許可のお店が時間外営業
・ 20日以上6ヶ月以下の営業停止
客引き行為
・ 40日以上6ヶ月以下の営業停止
客の前に立ちふさがる等の迷惑行為
・ 40日以上6ヶ月以下の営業停止
風俗営業所に18歳未満者を入店させた
・ 40日以上6ヶ月以下の営業停止
20歳未満者に酒類・たばこ提供
・ 40日以上6ヶ月以下の営業停止
従業員名簿を備え付けなかった
・ 10日以上80日以下の営業停止

 

キャバクラ、ホストクラブ、スナック、ガールズバーを経営されている方にとって風営法を知ること、理解することは自分達を守ることとなります。

■風営法の詳しい相談コンサル
■警察の立入りによる相談コンサル
■風営法に沿った事前相談コンサル
この相談コンサルを10,000円から受けております。

お気軽にお問い合わせください。0120-047-034 クリック受付時間10:00-朝4:00 [ 土・日・祝日OK ]
出れなかった場合は
080-5886-0081からかけ直します。
風営法許可スピード申請センター